>>戻る
燦然可憐エクセルシフォン 闇に堕ちるW変身ヒロイン
小説:上田ながの 挿絵:空維深夜
原作:ミルフィーユ
 

二人の変身ヒロインへの徹底陵辱!
大人気アダルトゲームが二次元ドリームノベルズに登場!


燦然可憐エクセルシフォン 闇に堕ちるW変身ヒロイン style=border: 0px;
 
 
先行配信中!
近日配信予定!
 
あらすじ

ある日の下校中、宙に浮かぶ不思議な光と
遭遇した女子校生、御木原菜月と如月深冬。
曰く、世界に危機が迫っているので戦ってほしいと――。
戸惑う二人だったが、ほどなくして
異世界から『エルゴネア帝国』が突如現れ暴れ始める。
正義の想いのままに従い、二人は
エクセルシフォン、エクセルショコラに変身、
この世界を侵略から守るため、戦いに身を投じていく!


関連商品

『燦然可憐エクセルシフォン』シリーズ一覧

PCゲームソフト
『燦然可憐エクセルシフォン』

 

二次元ドリームノベルズ436

発行:キルタイムコミュニケーション
ISBN978-4-7992-1909-6 C0293
定価1,210円(本体1,100円+税10%)
発売日:2024年5月24日

 
特典情報


書泉ブックタワー各店様にて
お買い上げの方に先着で
SSリーフレットをプレゼント!
書泉ブックタワーのホームページはこちら!

※数に限りがございますので品切れの際はご容赦ください。


ゲーマーズ各店様にて
お買い上げの方に先着で
ブロマイドをプレゼント!
ゲーマーズのホームページはこちら!

※数に限りがございますので品切れの際はご容赦ください。


駿河屋各店様にて
お買い上げの方に先着で
SSリーフレットをプレゼント!
駿河屋のホームページはこちら!

※数に限りがございますので品切れの際はご容赦ください。


メロンブックス各店様にて
お買い上げの方に先着で
SSリーフレットをプレゼント!

さらに
有償特典のB2タペストリーも!
メロンブックスのホームページはこちら!

※数に限りがございますので品切れの際はご容赦ください。

 
立ち読み
※Web公開用に修正を大きくしてあります。


(死ぬっ! おちんちんで殺されちゃうぅ! それなのに……どうして? なんでなのぉ!? こんな……こんなことでもわ、たし……感じる! 感じちゃってる! 気持ちよくなっちゃってるぅ♥)
 苦しみを凌駕するほどの性感を肉体は覚えてしまう。
 刻まれる快感を男達に訴えるように、肉壺をより収縮させてペニスを締めつけ、肛門でキュウウッと肉竿を圧迫した。無意識のうちに口唇でも肉棒を強く咥え込んでしまう。
「みふゆちゃんのド変態っぷり──マジやべぇな! こんなことまでされてるのに感じまくりすぎだろ! まんこの締めつけ最高すぎて我慢とか無理だっての! これは出る! 射精るゾぉ!」
「俺もだ! 俺も射精すんだなぁ! みふゆちゃんのケツにたっぷり流し込んでやるんだなぁ」
「こっちもだぁあ!」
 ショコラの締めつけが余程心地よかったのか、男達が限界を口にする。肉棒も彼らの言葉を証明するように、挿入時よりも更に一回り近く大きくなった。伝わってくる熱感も増幅する。
(熱い! 火傷しちゃいそうなくらいおちんちん熱く……なってるぅ! それに、わ、たしの膣中で……ビクビクッて震えてる! これ、出す……本当に射精す、る……気なんだぁ! ダメ……今出されたら……イッちゃう! 私……絶対イッちゃぅ! それはいやぁあ! イキたくない! イキたくないのぉ!)
「や……べで……ぼっぼっぼっ! お、にぇがひ……ら、がら……だしゃ……にゃいでぇ! もう……やべ──おぼっ! んぼぉおおっ! ゛おッ゛おッ! おぼぉおおおおっ!」
 許しを請うても届きはしない。
 無理矢理言葉を絞り出すショコラを嘲笑うように、男達は抽挿速度を上げる。より膣奥に、腸奥に、喉奥に肉先を突き立ててきた。一突きごとに更にペニスは肥大化する。
「がっぼ! おぼぉおお!」
「「「うぉおおおおっ」」」
 苦しむショコラなどまるで気にすることなく、男達は一斉に吠えた。ドクンッと肉棒を脈動させ、ショコラのすべての穴に容赦なく白濁液を撃ち放ってくる。
 どっびゅば! ぶっびゅ! どっびゅるるるるるるるるぅ!
「あぶぼっ! んぶぼぉおおっ!」
(出てる! 射精……さ、れてるぅう! 口の膣中に……おまんこに、おし、りに……ドクドク流れ込んでき、てるぅ! あああ……溺れる! 臭い……せ、いえきで……溺れちゃうのぉ! でっも、それが……んひぃい! しょ、れがいい! それ……が、気持ちよ、くて……私……わ、たしぃいい!)
 全身に染み込む牡汁の熱気が快感に変換されていく。
 排泄するためだけの器官を熱汁が逆流してくる。子宮に白濁液が染み込んでくる。苦味や生臭さを伴った精液が口内いっぱいに広がる。すべてがおぞましい。けれど、耐え難いほどに心地いい。射精される快感を知ってしまっている肉体は、愉悦に抗うことなどできはしなかった。
 感じたくないという思いだけでは抑えきれないほどの肉悦に、激しく肢体を震わせながら──
(いっぐ! いぐいぐ──わ、だひも……いぎゅぅう♥)
「゛おっ♥ ゛おっ♥ ゛おっ♥ おぼぉおおおおっ♥♥♥」
 膣中で痙攣する肉棒にシンクロするように、快楽の赴くままに、ケダモノみたいな悲鳴を響かせた。

本文中より抜粋
抜粋文とイラストは一致しない場合があります。
※挿絵はWeb用に修正を強くしてあります。

 
 
1つ前のページに戻る
 
KTCトップページへ戻る