>>戻る
電子版限定配信
無限淫獄の魔法少女
小説:上田ながの 挿絵:どぅーゆーうぉんとぅー
 
【電子書籍書き下ろし!】
絶望と汚辱の輪廻――
これは転生前と転生後、別の世界で
再び犯される魔法少女の物語。
 
無限淫獄の魔法少女
 
 
ご購入はこちらから!
 
こちらでも配信中!
   

【電子書籍書き下ろし!】
魔王に敗北し現代に転生した異世界の魔法少女セイントホープ。
前世の記憶を失い普通の女学生として過ごすも、
現代に魔王が現れたことで再び覚醒することに。

最愛の幼馴染である仁を人質に取られた魔法少女は、
彼を救うため、護るべき人々をその手で殺めてしまう。
希望を失い魔法力も尽きたセイントホープ待っていたのは
凄惨な陵辱の日々であった…。

仁の前で男たちに犯され、穢され、蹂躙されていくセイントホープ。
そして微かに残っていた前世の陵辱の記憶が呼び起こされ、
魔法少女の矜持は快楽に沈められてゆき…?

 
立ち読み
※Web公開用に修正を大きくしてあります。


「おひぃいいいいいいっ!!」
 再び肉棒は肉体に突き立てられた。
 ただし、今回は膣ではない。
「こっれ……おぉおお! お、尻! おほぉおお! 私の……私のおし……りに……悪魔の! んほぉおお! あ、くまのが挿入ってる! はいっぢゃっで……りゅぅうう!」
 尻だった。
 肛門をメリメリと押し開いたペニスが、根元まで直腸に侵入してきていた。
 本来ならば排泄するためだけの器官を、異物が逆流してくる。先程膣で感じていた時以上の圧迫感が走った。塞がれているのは尻だというのに、まるで口を押さえられているかのような苦しささえ感じてしまう。
「な……んで……にゃんでおじ……じりぃい!?」
「何故? そんな理由、簡単だ」
 問いかけに悪魔ではなく魔王が答えるように笑った。
 それと共に──
 どっびゅうう! ぶっびゅ! どっびゅうううううう! どっびゅどっびゅどっびゅどっびゅ──どっびゅるるるるるるるぅう!
「おおおお! こっれ、出てる! んひぃいい! お尻! んぉおお! お、尻に……でで……ドクドク! あ、ついの……ででりゅぅうう! んぉおお! ふほぉおおおっ!」
 射精が始まった。
 腸内に突き立てられた肉棒が激しく脈動し、多量の白濁液を注ぎ込んでくる。一瞬で直腸が満たされていく。その量は、下腹がボコッと膨れ上がってしまうのではないかとさえ思ってしまうほどに、凄まじいものだった。
(こっれ、沁みる! お尻に熱いの……沁みてくる! あああ……何これ? な、にこれ……こんな……ダメ! だ、め……なのに……んひぃいい! 凄すぎる! おおお! こっれ、お尻に……ドクドク……流し込まれるのすご……くて……あああ、我慢できない! たえ、られない! 私……わったし……い……イク! 射精! お尻に……お、じりに……射精されて……私……私いいいいっ!)

本文中より抜粋
抜粋文とイラストは一致しない場合があります。

 
 
1つ前のページに戻る
 
KTCトップページへ戻る